2016春アニメ一覧(4月スタート)みどころ 放送情報 声優情報をまとめてみた

2016来期春アニメ一覧.jpg■2016春アニメ一覧4月スタートおすすめ、放送情報、声優情報)をまとめ、勝手に全作品の「みどころ」をつけてみましたので視聴の参考にしてください。

2016春アニメは作品数が多く、毎話話題になっている「甲鉄城のカバネリ」やダークホース作品の「くまみこ」など話題になっているアニメの他にも面白い春アニメはあるのでおすすめのみどころを一覧にしてみました。

記事の最後に感想期待度ランキング記事も作っていますのでご覧下さい。

アニメの数が多くて何見ればいいの?という方には、記事の最後に書いている「みどころまとめ」をご覧下さい

スポンサードリンク

2016春アニメ一覧目次.jpg
オススメ度は✩の数で表しています。()内は最速放送日

あんハピ♪

あんハピ.jpg

http://anne-happy.com/

AT-X 4月7日(木)21:30〜
TOKYO MX 4月7日(木)22:30〜
KBS京都 4月7日(木)25:30〜
サンテレビ 4月7日(木)25:30〜
BSフジ 4月10日(日)25:00〜

スタッフ

原作(琴慈) 監督(大沼心) シリーズ構成(田中仁) キャラクターデザイン・総作画監督(大島美和) アニメーション制作(SILVER LINK.)

キャスト

花小泉杏(花守ゆみり) 雲雀丘瑠璃(白石晴香) 久米川牡丹(安野希世乃) 萩生響(山村響) 江古田蓮(吉岡茉祐)

みどころ・あらすじ

 可愛いと思いきや、それは間違えだ!癒し系ではなく励まし系だと思い視聴しよう。あんはぴ♪は、2011年夢喰いメリー、2014年ハナヤマタ、2015年がっこうぐらし!と過去に人気作を輩出するまんがタイムきららフォワード誌。今作は人気雑誌からのアニメ化になります。原作の印象は「ぶっとんでいる」。同誌の「がっこうぐらし!」並だが違う方向で、題材が「日常・運・可愛さ」と癒される話のようだが、原作を見ると見事に非日常で裏切られる(ヒグマ登場がリアル)。キャラ全員ネジが外れている。常軌を逸した。可愛いキャラなのに個性が飛び抜けて際立っているキャラばかり登場してくる。
話は軽いようでぶんとんだ話に可愛いキャラクターが乗っている「あんハピ♪」。まともなキャラも居ないところが話の魅力でもあるのでアニメでは原作のテンポの良さを上回って欲しい。そう考えればアニメスタッフが原作にピッタリ。
 アニメの制作陣は、監督・キャラデザ・制作会社が「バカとテストと召喚獣(バカテス)」とPV見た瞬間わかる独特の雰囲気と絵の配色、テンポの良さが光る日常系コメディに期待の一作。

「わたしはすっごくツイてるよ!」不憫な少女たちが今日も元気に繰り広げる励まし系コメディ。〝負の業〟すなわち不幸を背負った生徒たちが集められたクラス、天之御船学園1年7組に入学した、不運の花小泉杏(はなこ)、悲恋の雲雀丘瑠璃(ヒバリ)、不健康の久米川牡丹(ぼたん)、方向オンチの萩生響(ヒビキ)、女難の江古田蓮(レン)。「しあわせ」になるべく高校生活を送ることになるが──。

エンドライド

エンドライド.jpg

http://www.endride.jp/

4月2日(土)26時30分から日本テレビほか

スタッフ

原作:ENDRIDE PROJECT 監督:後藤圭二 シリーズ構成:待田堂子 制作:ブレインズベース キャラクター原案:萩原一至、和月伸宏

キャスト

浅永瞬:小野賢章 エミリオ:増田俊樹 アリシア:美山加恋 ファラリオン:大橋彩香 デメトリオ:高橋広樹 エルジュイア:鳥海浩輔

みどころ・あらすじ

オリジナルアニメで2クールって自信がありすぎて心配。今期はオリジナルアニメが7作品ほどありと最後の総括で書いていますが、今期のオリジナルアニメ枠の特徴として豪華な制作スタッフや有名脚本などが作るというのが特徴です。
っでこのアニメはまずキャラ原案が和月伸宏と「るろうに剣心」の原作者と声優に美山加恋(子役時代ドラマ「りんちゃん」で有名)が居るなど一風変わったアニメだという印象。
なぜ2クールでオリジナルアニメ?と思ったら近年、ケイオスドラゴンなどであった他のコンテンツと一緒に売り出すパターンで今回はスマホゲームとなり4月から事前登録が開始されます。個人的な意見ですが、どっちかと言えばスマホゲームの方が面白そうで期待できそうな今作です。キービジュアルの画像を見たらそうなってしまいます。メラビアンの法則です。内容はよくある設定で目新しい点はありません。監督は初監督のようで、唯一言うとしたら夏目友人帳やとなりの怪物くんを制作担当したブレインズベースが期待できる点。

15歳の少年・浅永瞬は、前向きで明るい性格の普通の中学生。ある日、科学者かつ実業家の父の会社で不思議な水晶を見つけるがその水晶に触れた瞬間、突然世界が歪み地球の裏側の世界<エンドラ>へと吸い込まれてしまう。一方、エンドラの城で16歳の誕生日を迎えた王子・エミリオは現在の王・デルザインを強く憎んでいた。王位を継げる年齢になったことで、武器を持ち、いよいよ復讐を果たそうとするが力の差が大きいために全く歯が立たない。デルザインに捕まって投獄され、悲嘆に暮れるエミリオ。しかし突然牢獄の壁が歪み、そこに瞬が現れる。ひとりは元の世界へ帰るため、ひとりは復讐を成し遂げるため、<エンドラ>で生きる少年たち。違う世界で育った2人の少年が掴む未来とは...。

学戦都市アスタリスク

学園アスタリスク2期1.jpg

http://asterisk-war.com/

アニマックス 4月2日(土)22時30分~
TOKYO MX 4月2日(土)24時30分~
とちぎテレビ 4月2日(土)24時30分~
群馬テレビ 4月2日(土)24時30分~
BS11 4月2日(土)24時30分~
ABC朝日放送 4月6日(水)26時14分~
CBCテレビ 4月6日(水)26時45分~

スタッフ

原作:三屋咲ゆう(MF文庫J)  監督(小野学) キャラクターデザイン(川上哲也) 音楽(ラスマス・フェイバー) アニメーション制作(A-1 Pictures)

キャスト

天霧綾斗(田丸篤志) ユリス=アレクシア・フォン・リースフェルト(加隈亜衣) クローディア・エンフィールド(東山奈央) 沙々宮紗夜(井澤詩織) 刀藤綺凛(小澤亜李)

みどころ・あらすじ

2015年秋アニメに1クールあり、今作は2期になります。1期は落第騎士と類似しているアニメとして話題になりました。どちらかというと落第騎士は最後まで芯が通っていて面白かった。落第騎士の2期が良かったと思いますが、それは置いといて。
学園アスタリスクのアニメ制作会社は、「四月は君の嘘」・「冴えない彼女」・「ソードアート・オンライン」・「アルドノア・ゼロ」など数多くの人気作をだしたA-1 Pictures。監督は、「咲」・「魔法科高校の劣等生」の小野学。総作画監督は「ソードアート・オンライン」の川上哲也。作品とスタッフばっかり書いて何が言いたいかというとスタッフは揃っており後は内容次第というとこ。内容が全てってこともあるが原作は、ラノベ作品でIS〈インフィニット・ストラトス〉とよく比較されるが解放され戦うと最強系の主人公と設定は複雑とアニメにしたら面白そうだが、ラノベではテンポが良くなれば、かなり面白いと期待している作品です。と1期の時点では期待していたが、あまり期待通りにはいかなかった。実際はバトルの盛り上がりがなく、せっかくの舞台設定も薄れていてテンポが少し悪かったかなと思う。また綺凛が登場してからはキャラが引き立っていて良くなったのが幸い。今後は面白くなりそうなので2期は期待。むしろ2期を見据えて作っているので1期より2期があるのを知って1期を見直そうか検討するくらい結構期待。

キズナイパー

キズナイパー.jpg

http://kiznaiver.jp/

TOKYO MX 4月9日(土)23:30~
BS11 4月9日(土)23:30~
群馬テレビ 4月9日(土)23:30~
とちぎテレビ 4月9日(土)23:30~
ABC朝日放送 4月9日(土)26:15~
テレビ愛知 4月12日(火)26:05~

スタッフ

原作(TRIGGER・岡田麿里) 監督(小林寛) シリーズ構成・脚本(岡田麿里) アニメーション制作(TRIGGER)

キャスト

阿形勝平:梶裕貴 園崎法子:山村響 高城千鳥:寺崎裕香 天河一:前野智昭 新山仁子:久野美咲 由多次人:島﨑信長 牧穂乃香:佐藤利奈 日染芳春:西山宏太朗

みどころ・あらすじ

アニメ制作会社TRIGGERはキルラキルを超える作品を作れるのか毎回楽しみにしている。毎話熱かったキルラキルの後釜を探して、もう2年くらいしている。
そして岡田麿里と初めてみる組み合わせ。今作はもう一つは迷家を担当しており、オリジナルアニメを2作担当しているスゴさ。さらにツイッターのフォロワー数が急増し通常のアニメより多いことから期待度の高さを感じる。
しかし物語の展開が凄すぎて、思わず飲んでいた紅茶をこぼしてしまったぐらいの衝撃がないとキルラキルを超えることができないのでこの作品でどうなるか期待している。PVの出来がかなりよく見て欲しい。この独特の雰囲気にハマれば一段とワクワクするのかもしれない。

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』など
数多くの青春劇を手がけた岡田麿里が脚本を手掛け、キャラクター原案に漫画家・三輪士郎を、そして『キルラキル』『神撃のバハムート GENESIS』などで絵コンテ・演出を手掛けた若手実力派・小林寛を初監督に迎えて動き出した新プロジェクト。
舞台は、埋立地に作られた街・洲籠市。かつては未来型都市として栄えたこの街に住む高校生・阿形勝平は、なぜか痛みを感じない不思議な身体を持っていた。夏休み目前となったある日、勝平は謎の少女・園崎法子の手引きにより、痛みを共有する仲間「キズナイーバー」の一人に選ばれてしまう。
そして、同様に「キズナイーバー」として繋がれたクラスメイトたち。
しかし、彼らは本来なら仲良くなることのない別々のグループに属していた。
園崎は言う「これは、争いに満ちた世界を平和に導くための実験なのです。」
その言葉とともに数々の試練が彼らに降りかかる。
互いの傷を背負うことになった、少年少女たちのひと夏の物語がここから始まる!

PV


逆転裁判

逆転裁判.jpg

http://www.ytv.co.jp/animegyakuten/

日本テレビ系:04/02(土) 17:30~

スタッフ

原作(CAPCOM) 監督(渡辺歩) シリーズ構成(冨岡淳広) キャラクターデザイン(太田恵子) 音楽(和田薫) アニメーション制作(A-1 Pictures)

キャスト

成歩堂龍一(梶裕貴) 綾里真宵(悠木碧) 御剣怜侍(玉木雅士) 綾里千尋(中村千絵) 糸鋸圭介(岩崎征実) 矢張政志(奈良徹)

みどころ・あらすじ

 1話が全然面白くないが、認知度が高すぎる。アニメ化となって「やっとか」と思った!逆転裁判コンテンツは、ゲームに始まりテレビドラマ・宝塚歌劇・舞台・ラジオ・漫画と多岐に渡って人気を博してきた人気コンテンツ。映画は人気俳優の成宮寛貴が主演と話題になりましたが、あれはもう4年前の話です。最近では、ラノベやソシャゲが続々とアニメ化されていますが、こういう作品をアニメ化すべきと思ってた。思ってた。
監督の渡辺歩は劇場版ドラえもんの多くを監督している方で、例えば「帰ってきたドラえもん」など名作9作品も担当している名監督です。最近のアニメで言うと宇宙兄弟も担当している。シリーズ構成は、ポケモンシリーズを担当している。またアニメーション制作は、学園アスタリスクに続き「A-1 Pictures」と人気コンテンツに豪華スタッフ・キャストと話題性もありますが、アニメとしてはひどい。

15年に渡り、シリーズ累計販売本数560万本以上の大ヒットを誇るゲームが待望のテレビアニメ化。読売テレビ・日本テレビ系全国ネットで、2016年4月から放送が決定しました。
奇想天外な事件に巻き込まれた依頼人たち。主人公の新人弁護士、成歩堂龍一(ナルホドウ リュウイチ)が彼らの容疑を晴らすために立ち上がる。被告人は有罪なのか、無罪なのか...。成歩堂は依頼人を信じ、ライバル検事らと法廷で熱いバトルを繰り広げる。
絶体絶命のピンチに追い込まれ、万事休すかという瞬間、 「異議あり!」の言葉と共にわずかな証拠から、ムジュンを突き、華麗なる逆転劇を巻き起こす!
成歩堂の師匠で美人弁護士の綾里千尋(アヤサトチヒロ)、助手の綾里真宵(アヤサト マヨイ)、ライバル検事の御剣怜侍(ミツルギ レイジ)をはじめ、多数の個性豊かなキャラクターたちによる、コミカルな掛け合いを交えたエピソードにも注目です。
また、アニメでは成歩堂と仲間たちの子供の頃からの繋がり、友情も深く描かれます。
ねじ曲げられた真実を、師匠ゆずりの発想の逆転で、ゆさぶり、異議を唱え、真実を導き出す。
アニメ界に新しい風を吹き込む痛快な謎解き法廷バトルにご期待下さい!

▲ページ上に戻る


機動戦士ガンダムUC RE:0096

機動戦士.jpg

http://www.gundam-unicorn.net/

テレビ朝日系列 日曜 4/3 7:00

スタッフ

監督:古橋一浩 脚本:むとうやすゆき ストーリー:福井晴敏 製作:サンライズ・メ~テレ

キャスト

バナージ・リンクス:内山昂輝 オードリー・バーン:藤村歩 フル・フロンタル:池田秀一 リディ・マーセナス:浪川大輔 マリーダ・クルス:甲斐田裕子 アンジェロ・ザウパー:柿原徹也 スベロア・ジンネマン:手塚秀彰 ミコット・バーチ:戸松遥 タクヤ・イレイ:下野紘

みどころ・あらすじ

まさかの日曜朝(ニチアサ)!「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」から3年後となり本作はOVA(オリジナルビデオアニメ)のEpisode1~7までの作品がテレビアニメ用に24話構成で再編集されます。OVAを見てなかった人層にも届きそうな朝の時間帯でのアニメとなります。そしてOVAではガンダムシリーズの最高記録であるBD,DVDの累計出荷数190万枚以上というものも期待が持てる。色んなガンダムシリーズとの繋がりが見えるアニメなので見てはどうでしょうか。

『機動戦士ガンダムユニコーン』は、『機動戦士ガンダム』から続く"宇宙世紀"を舞台とした物語の新章として、作家・福井晴敏による同名小説をサンライズが映像化したアニメーション作品です。
7つのエピソードからなる物語として生み出された本作を、この度オープニング&エンディング新作のうえ、TVシリーズの形に再編集。『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』としてここに再びよみがえります。

境界のRINNE 第2期

境界のRINNEtop.jpg

http://www9.nhk.or.jp/anime/rinne/

Eテレにて2016年4月9日毎週土曜 午後5時30分

スタッフ

原作:高橋留美子(週刊少年サンデー連載)監督:菅原静貴
シリーズ構成:横手美智子 アニメーション制作:ブレインズ・ベース

キャスト

六道りんね(石川界人) 真宮桜(井上麻里奈)六文(生天目仁美)魂子(雪野五月)六道鯖人(山口勝平)十文字翼(木村良平)魔狭人(柿原徹也)

みどころ・あらすじ

原作は「犬夜叉」「うる星やつら」など人気マンガ家の高橋留美子。コミックは28巻まで発行されており、累計発行部数は300万部と人気作。
アニメは、夏アニメに1期全25話を放送。その続きとして春アニメより全25話を予定している。2期からは新キャラがぞくぞく登場し良くも悪くもNHKアニメです。アニメーション制作は夏目友人帳などの「ブレインズ・ベース」が手がけます。
幼い頃から幽霊が見える女の子・真宮桜がある日出会ったのは、死神みたいな仕事をしている貧しき少年・六道りんね。この世に何かの未練を残し、さまよう 幽霊たちを輪廻の輪へと送るため、2人の奇想天外な放課後が始まる。

▲ページ上に戻る


くまみこ

くまみこ.jpg

http://kmmk.tv/

スタッフ

監督:松田清 脚本:ピエール杉浦、池谷雅夫 キャラクターデザイン・総作画監督:齊田博之 アニメーション制作:キネマシトラス、EMTスクエアード

キャスト

雨宿まち:日岡なつみ クマ井ナツ:安元洋貴 雨宿良夫:興津和幸 酒田響:喜多村英梨

みどころ・あらすじ

こんなに面白くなるとは思わなかったダークホース作品。雨宿まち役は「ウィッチクラフトワークス」で桂虎鉄の「日岡なつみ」と真逆のキャラながらキャラクターにフィットしていて可愛い。そして喋るヒグマのクマ井ナツは安元洋貴(SAOもエギル、弱虫ペダルの金城、鬼灯の冷徹の鬼灯)とくまながらツッコミ役でボケない。ボケのまちは可愛いく都会というものを知らない田舎娘なので都会を想像する発想が面白く、今期というかここ最近では一番おすすめできる日常系アニメとなった。

東北地方のとある山奥、中学生のまちは熊を奉る神社に巫女として仕えていました。ある日、まちは後見人(人?)であるクマのナツに「都会の学校に行きたい」と訴えた。やる気はあっても根気はない、世間知らずのまちに、心配性のナツは都会で生きていくために必要なあらゆる試練を与えていく。

▲ページ上に戻る


クロムクロ

クロムクロ.jpg

http://kuromukuro.com/index.html

スタッフ

監督(岡村天斎) シリーズ構成(檜垣 亮) キャラクターデザイン(石井百合子) アニメーション制作(P.A.WORKS)

キャスト

青馬剣之介時貞(阿座上洋平) 白羽由希奈(M・A・O) ソフィー・ノエル(上田麗奈) 荻布美夏(瀬戸麻沙美) 赤城涼斗(石川界人) 茅原純大(小林裕介)

みどころ・あらすじ

P.A.WORKS15周年記念作品ということだが、今までのP.A.WORKSの教科書ぶん投げた感じがする。というのも今回はおっさんが主人公とP.A.で可愛いキャラが主人公ではないということ。またP.A.WORKSなのにロボアニメ。今までのアニメと流れが違うため評価が難しいが先行上映組からはなかなか評判がいい。監督は岡村天斎(「七つの大罪」、「世界征服 謀略のズヴィズダー」)と有名監督、シリーズ構成はAnotherと同じシリーズ構成。そして今回の舞台は黒部ダムが聖地とあってP.A.WORKSといえば背景に期待して聖地巡礼を行いたい。
P.A.WORKS作品で今までと違ったアニメということで1話は見てみるのがいいのでは?

ダム建設時に偶然発見された謎の遺物、アーティファクトの研究を行うために設立された国際連合黒部研究所。
世界各国の頭脳が集う研究所員の子息が通う立山国際高校には、研究所長の娘、白羽由希奈も通っていた。
時は2016年、夏。
ひとりのサムライが、ふたたび目を覚ます。

PV第一弾

▲ページ上に戻る


甲鉄城のカバネリ

甲鉄城のカバネリ.jpg

http://kabaneri.com/

4/7 フジテレビ系列にて初回24:25~、2回以降24:55~

スタッフ

監督(荒木哲郎) シリーズ構成・脚本(大河内一楼) アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督(江原康之) 音楽(澤野弘之) アニメーション制作(WIT STUDIO)

キャスト

生駒(畠中祐) 無名(千本木彩花) 菖蒲(内田真礼) 来栖(増田俊樹) 逞生(梶 裕貴) 鰍(沖 佳苗) 侑那(伊瀬茉莉也) 巣刈(逢坂良太) 吉備土(佐藤健輔)  美馬(宮野真守) 

みどころ・あらすじ

 劇場版でいいんじゃないかってくらい凄い作品。PVを見ると作画が劇場版のように凄く作画が崩壊または総集編だらけにならないか心配になるぐらいのアニメ。さすがノイタミナ枠。テレビアニメの新しい方向性を示すべく、2005年4月、フジテレビが"連ドラのような アニメ"をコンセプトに設立した毎週木曜24:55からの深夜アニメ枠「ノイタミナ」。前期の「僕だけがいない街」の後に来ても見劣りしないだろうと思う。
そして、今作「甲鉄城のカバネリ」は完全オリジナルアニメで制作会社は、「進撃の巨人」や「終わりのセラフ」を担当した最近注目のWIT STUDIOが担当している。 監督は「進撃の巨人」や「ギルティクラウン」などの荒木哲郎、脚本は「コードギアス 反逆のルルーシュ」などの大河内一楼とここまででも注目・話題性・期待度はかなり高くなる。さらに、キャラデザがサクラ大戦のように一世代古い感じを見受けられるが、戦闘シーンなど迫力が凄みがある。さすが進撃の巨人を制作したWIT STUDIO。
そしてPVからは世界観が壮大で丁寧に練りこまれているようで目眩がしそう。火縄銃?蒸気機関?不死の怪物カバネ?カバネと言えば氏(うじ)、姓(カバネ)など関係するのか?カバネと人の間にあるもの「カバネリ」とは?
PVを見るだけでわくわくする設定や作画、戦闘シーンとかなり期待の作品。

PV第一弾_2015.12.17解禁

▲ページ上に戻る


コンクリート・レボルティオ~超人幻想~

コンクリート・レボルティオ2期.jpg

http://concreterevolutio.com/

TOKYO MX 4月3日(日)23:00〜
KBS京都 4月3日(日)23:30〜 
サンテレビ 4月3日(日)24:30〜
BS11 4月5日(火)24:30〜

スタッフ

原作:BONES・會川昇 監督:水島精二 キャラクターデザイン・総作画監督:伊藤嘉之 アニメーション制作:ボンズ

キャスト

人吉爾朗(石川界人) 星野輝子(上坂すみれ)鬼野 笑美(豊崎愛生)風郎太(中村繪里子)芝来人(鈴村健一)芳村兵馬(川島得愛) 秋田大司(金尾哲夫)ウル(大川透)

みどころ・あらすじ

2015秋アニメに1期があり、今作は2期目になります。なんだこの絵は!?と思うようなアニメですが大体見ていけば慣れてクセになっていくアニメです。そして監督は「SHIROBAKO」登場する木下監督のモデルである水島精二が担当。制作会社は「血界戦線」などのボンズ。水島精二×會川昇×ボンズによるオリジナルTVアニメ!そしてテーマは正義という難しいテーマで噛めば噛むほど味が出てくる作品。要は数話見ないと面白さがわからないですよという作品です。ツイッターで検索してみると1話など早い段階で切っている人がいるが、見直して正解だったという人もかなり居る。そういう意味では2期が始まるので1期を改めて見てはどうだろうか。

▲ページ上に戻る


坂本ですが?

坂本ですが.jpg

http://www.tbs.co.jp/anime/sakamoto/

TBS 4月7日(木)26:28~
CBC 4月7日(木)27:30~
MBS 4月8日(金)27:10~
BS-TBS 4月9日(土)25:30~

スタッフ

原作:佐野菜見 監督:高松信司 キャラクターデザイン:中嶋敦子 音楽:福田裕彦 アニメーション制作:スタジオディーン

キャスト

坂本:緑川光

みどころ・あらすじ

 1話も見ないよとか言わずに冒頭5分だけでも見て欲しい。原作1巻から注目を浴びてきた「坂本ですが?」がアニメ化と原作ファンも多い今作です。笑えるスタイリッシュすぎる坂本がアニメ化と期待していい作品。延々とボケ?スタイリッシュを保ち続けるシュールな感じがたまらない。ツッコミが不在なのも新しいが、坂本の周りがツッコミを入れずに評価し続ける周りの人も評価したい。原作知らない方も5分だけ見れば坂本のスゴさがわかる作品。現在原作は4巻発売しており1巻を発売した時点で2013年度「コミックナタリー大賞」第1位、「このマンガがすごい!2014」(宝島社)オトコ編第2位などマンガ賞を受賞してきました。
 アニメーションスタッフは、「銀魂、男子高校生の日常」など色々とぶっ飛んだ監督をした高松信司が担当とぶっ飛んだ原作にはピッタリの監督と楽しみです。そして「このすば」で人気のアニメーション制作スタジオディーンが担当とスタッフ・制作だけでも期待してします。そして原作の面白さが組み合わさればいうことなしの作品になります。

クール、クーラー、クーレスト高校生の登場!
この物語は、とあるクール、いや、クーレストな高校生・坂本の学園生活を綴ったものである――。
入学早々、クラスの、いや学校中の注目を集める一人の生徒がいた。その名は坂本(さかもと)。彼にかかれば、ただの反復横跳びは、秘技「レペティションサイドステップ」へと変貌し、上級生からの「パシリ」は、「おもてなし」へとクラスチェンジする。
そんな彼のクールな一挙手一投足から、目が離せない。

▲ページ上に戻る


三者三葉

三者三葉 感想聖地11.jpg

http://sansyasanyou.com/

TOKYO MX 4月10日(日)24:00~
AT-X 4月10日(日)24:00~
BS11 4月10日(日)24:30~
サンテレビ 4月11日(月)25:00~
KBS京都 4月11日(月)25:00~

スタッフ

原作:荒井チェリー(芳文社「まんがタイムきらら」)監督(木村泰大) キャラクターデザイン(山崎淳) シリーズ構成(子安秀明) アニメーション制作(動画工房)

キャスト

西川葉子(和久井優) 小田切双葉(金澤まい) 葉山照(今村彩夏) 西山芹奈役(Machico) 近藤亜紗子役(鈴木愛奈) 薗部篠役(桃河りか)

みどころ・あらすじ

 大人気制作会社「動画工房」が担当するだけで期待してしまいます。動画工房は人気作品「ゆるゆり」、「GJ部」、「未確認で進行形」、「プラスティックメモリーズ」、「月刊少女野崎くん」、「干物妹!うまるちゃん」と毎回、人気作品を輩出しており特色としては、原作を原作の色を残しつつ映像化して魅せるのが上手い。特に原作が「漫画・4コマ・日常」だと原作以上に可愛く動かせテンポが良く製作陣の原作愛が感じられる。と動画工房の作品を見たことある方は十二分にわかっているはずなのでここで動画工房の良さを語るのは割愛する。
 そして今作、原作が「漫画・4コマ・日常」。さらに「未確認で進行形」の原作者荒井チェリーの代表作品である「三者三葉」のアニメ化と外れる要素がない。原作の内容も良くも悪くも荒井チェリー。ずば抜けて面白いというわけではないのに12年もの連載を続けられるほど読者を惹きつけるものが「三者三葉」にはあります。今期大注目の作品になります。
それにしてもメインキャストの金澤まいって新人だろうか。このキービジュアルからも面白さを感じられるので1話はみてほしい!未確認で進行形は1話で神アニメになると期待させる作品だったので、三者三葉は1話から期待。

大食娘・小田切双葉、元お嬢様・西川葉子、腹黒委員長・葉山照の仲良し三人組に加え、クラスメートで永遠の二番手ツンツン娘・西山芹奈や、親切心からひと言多い近藤亜紗子、陰謀が大好物な葉子様の元メイド・薗部篠...、ゴーイングマイウェイな面々がマイペースに大騒ぎします!

PV第一弾

▲ページ上に戻る


少年メイド

少年メイド.jpg

http://www.tbs.co.jp/anime/meido/

TBS 4月7日(木)25:58~
CBC 4月7日(木)27:00~
サンテレビ 4月8日(金)23:30~
BS-TBS 4月9日(土)25:00~
CS-TBSチャンネル1 4月17日(日)25:00~

スタッフ

監督:山本裕介 シリーズ構成:中村能子 キャラクターデザイン:石田可奈 アニメーション制作:エイトビット

キャスト

小宮千尋(藤原夏海) 鷹取円(島﨑信長) 篠崎桂一郎(前野智昭)

みどころ・あらすじ

 「BLではなかった(落胆)」というネット上の感想が多いのはどういう期待があるのでしょうか。だがしかし、千尋のキリッとした可愛さだけでもやっていける作品だと思います。千尋の背中にはチャックが付いてて中におばあちゃんが入っているかもしれない。原作も題名・表紙から感じ取れるようにコメディです。アニメでは原作のテンポの良さが生かせればかなり面白いと思う。原作見たことない人は1話だけ見て、決めるのもあり。というのも1話が展開が早く、千尋のキャラにハマれば2話3話と続くと思います。アニメーション制作は、エイトビット(コメットルシファー、グリザイアシリーズ、IS<インフィニットストラトス>)と他作品からも人気作を出し続ける有名制作会社。監督もヤマノススメ、アクエリオンEVOLなどで有名な監督。今作はTBSアニメとあって個人的にはTBSアニメは安定して人気のある作品が多い印象なので期待。坂本ですが?も同様TBSアニメなのでどちらもおすすめとなります。

お嫁さんにしたい男子(!?)、NO.1!!
ちょっぴり掃除好きな小学生・小宮千尋は、ある日突然母を亡くしてしまった。身寄りのない千尋に手をさしのべたのは、叔父である鷹取円だった。そのまま円の豪邸に連れていかれた千尋だったが、あまりのゴミ屋敷っぷりに耐えられず、大掃除を開始!! その姿を見ていた円は、鷹取家の世話になることに反発していた千尋に、ある提案をする。それは、千尋はメイド役を、円は生活環境を提供するというギブアンドテイク案だった!! 円の提案に納得した千尋だったが、渡された制服はフリフリで、お屋敷の汚れは果てしなくて...。どーなる千尋!?

PV第1弾

▲ページ上に戻る


ジョーカー・ゲーム

ジョーカーゲーム.jpg

http://jokergame.jp/

4月5日(火)よりAT-X、TOKYO MX、MBS、テレビ愛知、BS11

スタッフ

原作(柳 広司) 監督(野村和也) シリーズ構成・脚本(岸本 卓) キャラクターデザイン・総作画監督(矢萩利幸) 音楽(川井憲次) アニメーション制作(Production I.G)

キャスト

結城中佐(堀内賢雄) 三好(下野紘) 神永(木村良平) 小田切(細谷佳正) 甘利(森川智之) 波多野(梶裕貴) 実井(福山潤) 福本(中井和哉) 田崎(櫻井孝宏) 蒲生次郎(津田健次郎) 佐久間中尉(関智一)

みどころ・あらすじ

 ミステリー好きとしては見るべきアニメ。ミステリー好きではないけど気になった人もみるべき!結論、1話は視聴すべきだと思う。ジョーカーゲームは柳広司の小説を原作にしたスパイサスペンスでシリーズ累計発行部数は100万部を突破しており、原作は「このミステリーがすごい!」で第2位、第62回日本推理作家協会賞という過去には江戸川乱歩、最近では東野圭吾などが受賞している賞を獲得している人気小説。
 2015年には亀梨和也、深田恭子ら豪華俳優陣で実写映画化にもなった作品です。ただ映画はストーリ、演技が良く脚本が微妙だった印象がある。このストーリーだったらアニメは期待できる作品だと思います。
と思いアニメの脚本を調べてみると「僕だけがいない街」「うさぎドロップ」「銀の匙」「ハイキュー!!」の岸本卓が担当するということで期待しているが岸本卓はノイタミナ枠の「僕だけがいない街」という特に期待しているアニメで非常にシリーズ脚本が大事になってくるアニメを兼任しているので頑張って欲しい。 アニメーション制作はProduction I.G(サイコパス、ハイキュー!!など)と有名制作会社が担当し、PVをみるだけで期待が持てる今作です。

世界大戦の火種がくすぶる昭和12年秋、帝国陸軍の結城中佐によって、スパイ養成部門"D機関"が極秘裏に設立される。生え抜きの軍人を尊ぶ陸軍の風潮に反し、機関員として選ばれたのは、東京や京都といった一般の大学を卒業し、超人的な選抜試験を平然とくぐり抜けた若者たちだ。彼らは魔術師のごとき知略を持つ結城中佐のもと、爆薬や無電の扱い方、自動車や飛行機の操縦法はもちろん、スリや金庫破りの技に至るまで、スパイ活動に必要なありとあらゆる技術を身につけ、任地へと旅立っていく。「死ぬな、殺すな」──目立たぬことを旨とするスパイにとって自決と殺人は最悪の選択肢であるとするD機関は、陸軍中枢部から猛反発を受けつつも、味方を欺き、敵の裏をかき、世界中を暗躍する。東京、上海、ロンドン......世界各地で繰り広げられるインテリジェンス・ミステリー。

PV:PV第2弾

▲ページ上に戻る


ジョジョの奇妙な冒険 第四部「ダイヤモンドは砕けない」

ジョジョの奇妙な冒険 第四部「ダイヤモンドは砕けない」.jpg

http://jojo-animation.com/

TOKYO MX 4月1日(金)24:30~
MBS 4月2日(土)25:58~(通常時間より90分繰り上げ。通常時間は27:28~)
東北放送 4月2日(土)26:18~
BS11 4月3日(日)24:00~
アニマックス 4月8日(金)22:00~

スタッフ

原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ・コミックス刊)ディレクター:津田尚克 シリーズディレクター:加藤敏幸 チーフ演出:高村雄太 シリーズ構成:小林靖子 キャラクターデザイン:西位輝実 スタンドデザイン・アクション作画監督:三室健太 サブキャラクターデザイン:石本峻一 プロップデザイン:宝谷幸稔 美術設定:青木薫・長澤順子 色彩設計:佐藤裕子 美術監督:吉原俊一郎 撮影監督:山田和弘 編集:廣瀬清志 音響監督:岩浪美和 音楽:菅野祐悟 アニメーション制作:davidproduction

キャスト

東方仗助(小野友樹) 広瀬康一(梶裕貴) 虹村億泰平(高木渉) 岸辺露伴(櫻井孝宏) 空条承太郎(小野大輔)

みどころ・あらすじ

 この第四部は、ジョジョ見たことない人にもオススメできる。エジプトでの宿敵DIOとの死闘から11年後。熱すぎた承太郎とDIOの戦闘シーン。今回は第3部の続き、第4部になります。原作は8部まで連載中で今回アニメの主人公は「東方仗助」となりジョセフ・ジョースターの隠し子で、承太郎はジョセフの孫にあたるので承太郎から見たら「東方仗助」は年下の叔父さんになります。舞台はM県S市杜王町(宮城県仙台市)。
ジョジョ好きは必ず見る作品ですが、第4部は今までのジョジョにない1話完結が多く、3部から続けて見たことない人やまったく見たことがない人にもおすすめできる作品です。そして原作組にも4部が1番好きという人も結構いる(「ジョジョ 好きな部」で検索)。PV見るとわかる人はわかると思うがキャラクターデザインの人が変わっています。キャラデザの人以外のスタッフは3部と同じスタッフになります。ツイッターフォロワー数12万人以上からわかるように今期で注目度の高い作品になります。これだけは見といて損はないぞ!!

エジプトでの宿敵DIOとの死闘から11年後。1999年、空条承太郎は祖父ジョセフ・ジョースターの隠し子、東方仗助に会うため、日本のM県S市、杜王町にやってきた。しかし発見した仗助は承太郎と同じ特殊能力、「スタンド」を持っていた。そして、承太郎の来訪を皮切りにまるで引かれ合うように、新たな「スタンド使い」達が動き始める。「この町には何かがある...」生まれ育った杜王町を守るため、仗助は立ちあがる――。

PV:PV第1弾

▲ページ上に戻る


聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ

聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ.jpg

http://cerberus-anime.jp/

スタッフ

監督:近藤信宏 原作:「聖戦ケルベロス」(グリー株式会社) シリーズ構成:大野木寛 キャラクターデザイン:統月剛 アニメーション制作:ブリッジ 

キャスト

ヒイロ:松岡禎丞 サラート:M・A・O エリン:内田真礼 ギルー:楠大典 トミッテ:小笠原亜里沙 ナンブーコ:咲野俊介 シャリシャルー:伊瀬茉莉也 ムムー:沼倉愛美 

みどころ・あらすじ

絶望的に面白くないが、松岡くんアニメとして声優だけ見ればいける。作画や内容だけ見てしまうとなかなか厳しい。
第2話俺の剣が静かに震えるからも見る気をなくしてしまうほどのインパクト。題材は悪くないが、評価が下になってしまった作品。
監督は少年アシベを担当した監督、アニメーション制作はブリッジとみつもどえ、少年アシベを制作した会社。
圧倒的なスケールと美麗カードで繰り広げられるファンタジー世界を堪能しよう。グリーが提供する、大人気・本格カードバトルRPGゲーム「聖戦ケルベロス」

▲ページ上に戻る


ソードガイ 装刀凱

ソードガイ 装刀凱.jpg

http://www.heros-web.com/works/swordgai.html

みどころ・あらすじ

原作1話はウェブに公開されているので無料で見ることができますがストーリー、設定などがわかりづらい。わかり「ず」か「づ」かぐらいわかりずらい作品だと思います。どうしよう。原作から見てもどうも見る気が起きない。今期はかなりアニメの数が多いのでどうしようか悩む作品。1話以降も見る必要がありそうですが見る気が起きない。ただアニメ化になると作品自体どう化けるかわからいのでスタッフなどが発表されるまで様子見の作品。
キャラデザは雨宮慶太(「牙狼」「ゼイラム」)、原作は井上敏樹と特撮の脚本を兼ね、仮面ライダーシリーズ(「仮面ライダー555」「仮面ライダーアギト」)などと違った世界で活躍する方々がコミックを作っています。
そういった意味では注目の作品となります。

武器に魅入られ、右手が魔刀化したダークヒーローの悲話。
~魔刀と一体化した少年・凱が、残酷な運命をも斬り開く~
森で不審な死を遂げた女。その傍らに生まれ落ちた悲運の男、凱(がい)は、刀匠・亜門(あもん)に拾われる。十数年後、亜門の弟子となっていた凱は、作刀中の事故により右腕を失ってしまう。亜門は、代々伝わる魔刀"死龍"をつぶし、凱の義手として作り替える。それがすべてのはじまり・・・魔性の武器と一体化し、数々の戦いが渦巻く残酷な運命へと引き込まれていく少年が見るのは、"美しい武器と醜い人間"あるいは"武器の残酷さと人間の麗しさ"。
いま、まったく新しいコミックノワールの世界が幕を開ける。

▲ページ上に戻る


はいふり

はいふり.jpg

http://www.hai-furi.com/

◯BS11 4月9日(土)24:00~
TOKYO MX 4月9日(土)24:00
とちぎテレビ 4月9日(土)24:00
群馬テレビ 4月9日(土)24:00
テレビ愛知 4月11日(月)25:35
サンテレビ 4月12日(火)24:30
KBS京都 4月12日(火)24:00
テレビ北海道 4月12日(火)26:05
TVQ九州放送 4月12日(火)26:05

スタッフ

キャラクター原案:あっと 監督:信田ユウ シリーズ構成・脚本:吉田玲子 アニメーション制作:プロダクションアイムズ 

みどころ・あらすじ

 なかなかアニメが進んでも評価が難しいアニメとなっている。「ガールズ&パンツァー」「けいおん!」「のんのんびより」のシリーズ構成・脚本を担当した「吉田玲子」とのんのんびより原作者による超期待のオリジナルアニメ。
キャラクターデザイン・作画監督は「ソードアート・オンライン」「とある科学の超電磁砲」「僕は友達が少ない」など作画監督を担当した中村直人。キービジュアルの聖地は横須賀市衣笠山公園となっており、聖地巡礼にも期待できます。しかも学校は艦これと同じ聖地である広島県江田市の自衛隊学校。あとは聖地巡礼記事をみてほしい。
内容を見る限り、ガルパンの海バージョンのような感じが見受けられる。っが、人気が出そうな匂いがする作品です。そして先行上映は世界三大艦の中で上映をするという徹底ぶり。放送局も多いことから強気の作品ととっていいのか?思わず期待せざるを得ない作品となるので、これはガチでガルパンに続くか?映像化されないとどうなるかわからないが、題材・スタッフともに非の打ち所のないというか欠点のないアニメなのでどう映像になるかだけです。当たり前ですが。とにかく事前準備だけ揃っている印象。

「海に生き、 海を守りて、 海を往く--- それがブルーマーメイド!」
今からおよそ100年前、 プレートのずれにより、 多くの国土を水没によって失った日本。 国土保全のため、 次々と築かれた水上都市はいつしか海上都市となり、 それらを結ぶ航路の増大に伴い、 海の安全を守る多くの人員が必要となっていった。 それに伴い、 働く女性の海上進出も進み、 海の安全を守る職業「ブルーマーメイド」が女生徒たちの憧れとなっていった。 そんな時代、 幼馴染の岬明乃(みさきあけの)と知名もえか(ちなもえか)は、 「ブルーマーメイドになる」という同じ目標を持つ仲間たちとともに、 横須賀の海洋高校に入学する。

はいふり聖地舞台.jpg「はいふり」の聖地巡礼・舞台を比較してみた(広島県、神奈川県)

▲ページ上に戻る


ばくおん!!

ばくおん!!.jpg

http://bakuon-anime.com/

4月4日より毎週月曜24:00から、TOKYO MX、サンテレビ、BS11

スタッフ

原作(おりもとみまな(秋田書店「ヤングチャンピオン烈」)) 監督(西村純二) シリーズ構成(砂山蔵澄) キャラクターデザイン(杉本功) 音楽(中西亮輔) アニメーション制作(トムス・エンタテイ­ンメント)

キャスト

佐倉羽音(上田麗奈) 鈴乃木凜(東山奈央) 天野恩紗(内山夕実) 三ノ輪聖(山口立花子) 

みどころ・あらすじ

 ありそうでなかった"女子高生×バイク"で贈る、爽快ハイテンション学園コメディー。そしてKawasaki、SUZUKI、DUCATI、HONDA、YAMAHAのバイクメーカー5社の全面協力が決定したばくおん!!
原作は現7巻で女子校が舞台だがヤングチャンピオンで連載しているとあって、まんがタイムきららと可愛さの色が違い少し少年漫画っぽい。そしてバイクの絵だけ力の入り具合が違うという面白さ。
かならず新しいバイクが登場すると漫画のコマをはみ出して書いてしまうあたり作者のバイク好きがわかる。バイクネタが面白い。アニメーション制作会社はトムス・エンタテインメントと弱虫ペダル、ルパン三世、コナン、アンパンマンを制作している超有名会社。さて期待度としては、ストーリー性があるわけでもなくバイクアニメなので特段期待しているわけではないがバイク好きにはかなり楽しめる作品です。若干、昨年に放送されたスバルのアニメ「放課後のプレアデス」を思い出したが、今回はバイクというものを前面に出してきており面白そう。

女子高生の佐倉羽音は、登校途中の坂道にへこたれたことがきっかけで、バイクに興味を持ち始める。
すでにバイクに乗っている同級生の天野恩紗とともにバイク部に入部することになった羽音は、個性的で楽しい仲間達に支えられながら、無事に二輪免許を取得!  オートバイも購入し、ついに念願のオートバイ・ライフをスタート♪
実際にオートバイに乗りはじめてみると、毎日が驚きと発見の連続で...!?

Official Trailer

▲ページ上に戻る


ハンドレッド

hundred.jpg

http://hundred-anime.jp/

テレビ東京 4月4日(月)深夜2:05~
AT-X 4月5日(火)23:30~
BSジャパン 4月9日(土)深夜0:00~

スタッフ

原作(箕崎准(GA文庫/SBクリエイティブ刊)) キャラクター原案(大熊猫介(ニトロプラス)) 監督(小林智樹) シリーズ構成(白根秀樹) キャラクターデザイン(田中紀衣) 音楽(鳴瀬シュウヘイ) アニメーション制作(プロダクションアイムズ)

キャスト

如月ハヤト(長谷川芳明) エミール・クロスフォード(大久保瑠美) 霧島サクラ(吉岡茉祐) 如月カレン(奥野香耶) クレア・ハーヴェイ(M・A・O) フリッツ・グランツ(羽多野渉) レイティア・サンテミリオン(大坪由佳) リディ・スタインバーグ(衣川里佳) エリカ・キャンドル(牧野由依) シャーロット・ディマンディウス(堀江由衣) スフレ・クリアレール(佐藤利奈) メイメイ(今村彩夏)

みどころ・あらすじ

 思わず飲んでいた紅茶をこぼしてしまいページに染みを作ってしまうぐらいすごい。まじで歴史に残るアニメになる。学園都市に入り、女の子たちと出会いワイワイして戦う日々が始まる。劣化版インフィニットストラ・・・、インフィニットストなんとか二代目。原作を読んでいると一致点が多すぎてテンプレートとはこのことかと思います。凄い一致度です。原作はコピペと。違った意味で歴史に残しそうな話題性ナンバーワンのアニメになる。間違い探しを探すためにこれは見るべき。そしてまた多くのブログで取り上げられ、知名度ばかりがあがることでしょう。
 ただアニメーション制作はブロダクションアイムズ(デートアライブ、新妹魔王の契約者)など戦闘する女の子系のアニメが多く今作も同系統なので戦闘・ヒロインなどは期待していい。監督はアマガミSSやアカメが斬る!などの小林智樹、シリーズ構成はダンまち、デートアライブ、キルミーベイベーなどの白根秀樹、キャラデザもかなり有名スタッフと原作の不安があるもののアニメスタッフは凄い。味は美味しくないが飾り付けが凄いアニメになりそうで序盤をクリアできれば期待していいかもしれない。むしろオマージュ作品としてISが好きな人はハマってしまうかもしれない。わたしもISが好きなので(1期)、こんなに書いているが、意外と好きなアニメになるかも。ならないかも。放送局がかなり少ないのが難点。

《ハンドレッド》──それは地球を襲う謎の生命体《サベージ》に対抗できる唯一の武器。《武芸者(スレイヤー)》を目指すため、海上学園都市艦《リトルガーデン》に入学を果たす。だが──なぜか自分のことをよく知るルームメイト、エミール・クロスフォードに、どこか懐かしい違和感を覚えるハヤト。さらに入学早々、学園最強の武芸者《女王》クレア・ハーヴェイから決闘を申し込まれてしまい......!? 箕崎准×大熊猫介(ニトロプラス)がタッグを組んだ、《究極》の学園バトルアクション、ここに開幕!

Official Trailer

▲ページ上に戻る


美少女戦士セーラームーンCrystal 第3期<デス・バスターズ編>

美少女戦士セーラームーンCrystal 第3期<デス・バスターズ編>.jpg

http://sailormoon-official.com/

TOKYO MX 4月4日(月)23:00~
サンテレビ 4月5日(火)24:00~
TVQ九州放送 4月8日(金)25:58~
テレビ北海道 4月10日(日)25:05~
テレビ愛知 4月10日(日)25:35~
BS11 4月12日(火)23:30~

スタッフ

原作:武内直子 監督:今千秋 脚本・シリーズ構成:小林雄次 キャラクターデザイン:高橋晃 美術監督:倉橋隆 音楽:高梨康治 音楽制作:キングレコード アニメーション制作:東映アニメーション

キャスト

月野うさぎ/セーラームーン役:三石琴乃 水野亜美/セーラーマーキュリー役:金元寿子 火野レイ/セーラーマーズ役:佐藤利奈 木野まこと/セーラージュピター役:小清水亜美 愛野美奈子/セーラーヴィーナス役:伊藤静 ルナ役:広橋涼 タキシード仮面/地場衛役:野島健児

みどころ・あらすじ

アニメ「美少女戦士セーラームーンCrystal」の第3期<デス・バスターズ編>が今春スタートが決定!
デス・バスターズ編は武内直子先生による原作コミックス完全版第5巻・第6巻を映像化するもので、セーラー戦士と、謎の組織 デス・バスターズとの戦いが描かれています。
セーラームーンやセーラーちびムーンといったおなじみのメインキャラクターに加えて、セーラーウラヌス、セーラーネプチューン、セーラーサターンら人気の外部太陽系戦士が登場し、遂にセーラー10戦士が勢揃いします!更に、デス・バスターズ編のロゴも公開となりました。
制作スタッフも同時に発表します! キャラクターデザインは高橋晃氏が担当、脚本・シリーズ構成には前作から引き続き小林雄次氏。そして今千秋氏が監督を務めます。

▲ページ上に戻る


ビッグオーダー

jbbbblj.jpg

http://www.kadokawa.co.jp/sp/201112-04/

TOKYO MX 4月15日(金)25:40~
BS11 4月16日(土)27:00~
チバテレビ 4月17日(日)24:00~
テレビ神奈川 4月17日(日)24:00~
テレ玉 4月17日(日)24:00~
サンテレビ 4月17日(日)24:30~
KBS京都 4月15日(金)25:40~
RKK熊本放送 4月17日(日)25:50~※初回26:15~
TVQ九州放送 4月17日(日)26:35~
岐阜放送 4月19日(火)24:00~
三重テレビ 4月20日(水)25:20~

スタッフ

原作:えすのサカエ、監督:鎌仲史陽、シリーズ構成・脚本:高山カツヒコ、キャラクターデザイン:小島智加、アニメーション制作:アスリード

キャスト

星宮エイジ(森田成一) 紅鈴(三上枝織)壱与(田所あずさ) 星宮瀬奈(久野美咲)デイジー(三咲麻里)星宮源内(鶴岡聡)寸断殺人(林勇)鳴神弁慶(立木文彦)平景清(原田ひとみ)柊義経(立花慎之介)アブラアン・ルイ・フラン(新垣樽助)

みどころ・あらすじ

 未来日記の作者の最新作がアニメ化となります。あなたは未来日記の我妻由乃(がさいゆの)を覚えているだろうか。あの狂ったアニメと狂ったヒロイン。毎回ハラハラする臨場感がまたやってくると思っていいような同じ作風。テンポの良さ、ぶっとんでいる設定、敵との駆け引きの面白さ。そして調べてみると未来日記の時と同じ脚本(高山カツヒコ)、アニメーション制作会社(アスリード)とこれは未来日記が面白かったという人は見たほうがいい作品。内容がぶっとんでいるだけに好き嫌いがわかれそうだが好きな人には堪らなく面白くて毎話楽しみなアニメになるでしょう。私は、未来日記並みのテンポのよさに期待して数話は必ず視聴しようと考えている作品。
アニメーション制作はアスリードと未来日記、喰霊-零-、みなみけ(おかわり、おかえり)を制作した会社とこれまた期待せざるを得ないアニメになります。

物語の主人公、星宮エイジの通う高校にある日転校生がやって来た。容姿端麗なその彼女の名は紅鈴(くれないりん)。そんな彼女とお近づきになりたいと願うエイジ。下校して帰宅の途に着くエイジの背後に現れたのは、何とその転校生、紅鈴だった!?「未来日記」の原作者、えすのサカエが贈る最新作がついにTVアニメ化!!
天草に住む高校生の星宮エイジには大きな秘密があった。それは幼かった彼の願い事が原因で世界を一度滅亡させてしまったことだった...!稀代のストーリーテラー・えすのサカエが贈る、震撼のサスペンス異能力バトル!

▲ページ上に戻る


ふらいんぐうぃっち

ふらいんぐうぃっち1.jpg

http://www.flyingwitch.jp/

日本テレビ:04/09(土) 深夜~
青森放送:04/15(金) 深夜~

スタッフ

原作:石塚千尋(別冊少年マガジン連載)監督:桜美かつし シリーズ構成:赤尾でこ キャラクターデザイン:安野将人 アニメーション制作:J.C.STAFF 

キャスト

木幡真琴:篠田みなみ 倉本圭:菅原慎介 倉本千夏:鈴木絵理

みどころ・あらすじ

 青森が町おこしの準備運動を始めている。というかスタートを切っている青森県弘前市が舞台の今作ふらいんぐうぃっち。聖地巡礼マップも作成しており、「作品を通じて弘前の魅力を全国に発信いたします。」と観光協会も張り切っている作品。原作者の地元でありキャッチコピーは「青森で魔女はじめました」。内容は日常系、アニメーション制作はJ.C,STAFF(食戟のソーマ、監獄学園)、スタッフは良いと原作が人気で好きな人も多い、そして魔女の宅急便を連想させそうな内容で安定して人気が出そうな作品です。公式ツイッターは毎日空の写真をツイートしている謎。そして主演の篠田みなみは、これが初主演となる作品です。OPがmiwaと一般向けアニメになりそうなのでこれまた人気がでそう。miwaの歌とふらいんぐういっちが絶妙に合う。
監督は桜美かつし(神様のメモ帳)、アニメーション制作はJ.C.STAFF(ダンまち、ミルキィ、ウィクロス)と人気アニメを出し続ける人気制作会社。

木幡真琴15歳―。一人前の魔女めざします。魔女-。自然が多く、資源が豊富な東北地方に住むことが多い彼女達には、「15 歳になったら一人立ちし、社会に出る。」そんなしきたりがあるのだとか...。
木幡真琴、魔女。15歳の春。
高校入学をすることになった彼女は、一人前の魔女になるため、黒猫のチトと一緒に青森の親戚の家に引っ越してきます。
久しぶりに再会した又いとこの圭や千夏、新しく友達になったなお達と過ごす悠々自適な毎日は楽しいことばかり。
時折起こるちょっと不思議な出来事と魔女の修行もほどほどに、今日も楽しく過ごします。
のんびり魔女の青森でのまったり生活、始まります。

▲ページ上に戻る


文豪ストレイドッグス

文豪ストレイドッグス.jpg

TOKYO MX 4月6日(水)25:05~
サンテレビ 4月6日 (水)25:30~
TVQ九州放送 4月6日(水)26:35~
テレ玉 4月7日(木)25:05~
チバテレ 4月7日(木)25:00~
tvk 4月7日(木)25:00~
岐阜放送 4月7日(木)25:45~
三重テレビ放送 4月7日(木)26:20~
BS11 4月8日(金)23:30~

スタッフ

原作:朝霧カフカ・春河35「ヤングエース」 監督:五十嵐卓哉 シリーズ構成:榎戸洋司 キャラクターデザイン:新井伸浩 音楽:岩崎琢 アニメーション制作:ボンズ

キャスト

中島敦(上村祐翔) 太宰治(宮野真守) 国木田独歩(細谷佳正) 江戸川乱歩(神谷浩史) 谷崎潤一郎(豊永利行) 宮沢賢治(花倉洸幸) 与謝野晶子(嶋村侑) 谷崎ナオミ(小見川千明) 福沢諭吉(小山力也) 芥川龍之介(小野賢章)

みどころ・あらすじ

 認知度や前評判が高すぎて見どころを言う気になれないが書くとする。しかし漫画は面白いの。実在する文豪をメインキャラクターとして、その探偵たちが活躍する異能力バトルアクション漫画「文豪ストレイドッグス」。能力も文豪たちの作品を用いて、文豪文豪・・・と文豪だけではなくバトルアクション漫画として原作は王道をいっていて面白いが文豪をモデルとしていなくても面白かった作品だとも思える。原作の漫画は、テンポと話の流れや王道バトル漫画なので結構好きで見ている作品。また文豪のイケメン化が話題となっており、そちらも方向にも人気がある。ぜひともアニメ化で純文学まで興味を持たせるような面白い構成にして欲しい。むりか。OPもかっこいい。そして声優もかっこよすぎると簡単だけど感嘆な言葉ばっかりでてくる結構シンプルで王道のストーリー展開なので面白い。制作がボンズ(ハガレンやスタードライバー輝きのタクト)とボンズに対して持っていた印象にマッチしているので期待。前評判はかなり高し。PVからも作画がよく、原作よりもいいんでは?と思ってしまった作品です。

孤児院を追い出され、餓死寸前の青年・中島敦が出会った風変わりな男たち──。白昼堂々、入水自殺にいそしむ自殺嗜好の男・太宰治。神経質そうに手帳を繰る、眼鏡の男・国木田独歩。彼らは、軍や警察も踏み込めない荒事を解決すると噂される「武装探偵社」の社員であった。何の因果か、巷を騒がせる「人喰い虎」退治への同行を求められる敦だが......。架空の都市 ヨコハマ。登場するは、文豪の名を懐く者たち。その名になぞらえた異形の力が火花を散らす。奇怪千万の文豪異能力バトル、ここに開幕!

PV第1弾

▲ページ上に戻る


僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア.jpg

TBS系:04/03(日) 17:00~

スタッフ

原作(堀越耕平) 監督(長崎健司) シリーズ構成(黒田洋介) キャラクターデザイン(馬越嘉彦)アニメーション制作(ボンズ)

キャスト

緑谷出久(山下大輝) オールマイト(三宅健太) 爆豪勝己(岡本信彦) 麗日お茶子(佐倉綾音) 飯田天哉(石川界人)

みどころ・あらすじ

 少年ジャンプでバクマンに匹敵するアニメ化決定の早さ!バクマンも歴代でベスト5ぐらいに早く、僕のヒーローアカデミアは1年半ほどでアニメ化が決定しました。まずキービジュアルなどで視聴判断するのはやめたほうがいい作品。というのが私自身が、原作の表紙で対象年齢低そうで見なかったのだが、アニメ化をキッカケに1話だけ見ると、熱くて面白いと思ってしまった。初っ端からアクセル全開で盛り上がりが最高潮に来るため見入ってします。さすが、連載開始1年でコミックの売り上げが累計200万部を超えた爆発的人気作品だと感じた。熱いので若干勢いだけな感じがあるが、その勢いだけで王道の面白さを貫いているので映像化となって嬉しいアニメ。
 アニメーション制作は、ボンズ(鋼の錬金術師、エウレカセブンなど)とA~Dスタジオまである大きい製作会社で人気アニメを緻密な作画に定評のある会社でもあります。好き嫌いなしに1話を見て判断して欲しい作品です。

「架空(ゆめ)」は、「現実」に! これは、僕が最高のヒーローになるまでの物語だ。ことの始まりは中国・軽慶市から発信された「発光する赤児」が生まれたというニュース。以後各地で「超常」が発見され、原因も判然としないまま時は流れる─。世界総人口の八割が何らかの特異体質である超人社会となった現在。生まれ持った超常的な力"個性"を悪用する犯罪者・敵(ヴィラン)が増加の一途をたどる中、同じく"個性"を持つ者たちが"ヒーロー"として敵(ヴィラン)や災害に立ち向かい、人々を救ける社会が確立されていた。かつて誰もが空想し憧れた"ヒーロー"。それが現実となった世界で、ひとりの少年・緑谷 出久(みどりや いずく/通称 デク)もヒーローになることを目標に、名立たるヒーローを多く輩出する雄英高校への入学を目指していた。しかし、デクは総人口の二割にあたる、何の特異体質も持たない"無個性"な落ちこぼれだった...。ある日、デクは自身が憧れてやまないNo.1ヒーローのオールマイトと出会い、それを機に運命を大きく変えていくことになる。友、師匠、ライバル、そして敵(ヴィラン)...。さまざまな人物、多くの試練と向き合いながら、デクは最高のヒーローになるべく成長していく。新世代の熱きヒーローストーリーが、始まる!

PV:PV第2弾

▲ページ上に戻る


田中くんはいつもけだるげ

田中くんはいつもけだるけ1.jpg

http://tanakakun.tv/

TOKYO MX 4月9日(土)22:00~
MBS 4月9日(土)25:58~
広島テレビ 4月10日(日)26:20~
テレビ愛知 4月10日(日)26:35~
BS11 4月10日(日)27:30~

スタッフ

原作(ウダノゾミ) 監督(川面真也) シリーズ構成(面出明美) キャラクターデザイン(飯塚晴子) 音楽(水谷広実) アニメーション制作(SILVER LINK.)

キャスト

田中:小野賢章 太田:細谷佳正 宮野:高森奈津美 白石:小岩井ことり 越前:諏訪彩花 莉乃:悠木碧 早夜:東山奈央 志村:興津和幸 加藤:井口祐一

みどころ・あらすじ

 毎話新キャラが出てくる楽しいアニメ。ほかのアニメが濃すぎて箸休めというか頭を空っぽにしてみることができるアニメになると思う。
「全国書店員が選んだおすすめコミック」という帯に惹かれて原作を買ってみたら見た目に忠実で日常と騒がしいキャラ達が多く面白い。主人公がかなりだるそうで静かだが、相方というか世話役がかなり主人公の魅力を引き立たせるツッコミ役となってて漫才をしているよう(まるでとらドラの高須竜児)。そしてサブキャラが際立っていて可愛い。特に白石がオススメ。「田中くんはいつもけだるげ」と田中くんの話かと思いきや、田中くんは意外とキャラが立っていなくてまともなキャラだと思わせるような、取り巻き連中のキャラの濃さ。アニメでは、テンポのよさがどうなるのか期待。春アニメは内容の濃いアニメばかりなので、このアニメを挟むとより他のアニメが、間違いなく際立つだろう。今作では中々ない疲れても観れる癒し系のアニメ。
 アニメーション制作がSILVER LINK.(バカテス、ココロコネクト、プリズマ☆イリヤ、のんのんびより)、原作のタッチが細いのでキャラデザが誰になるのか期待していたが、飯塚晴子と「がっこうぐらし!」や「たまゆら」のキャラクターデザインが担当と個人的には良かったと思った。監督ものんのんびよりを担当しており、スタッフ・アニメーション制作会社共にこの作品と合っていると思うので期待。

頑張らなくても青春は楽しい。ため息、片ひじ、ねむそうな目。というかねむっている。何があっても、急がない、騒がない、はしゃがない主人公・田中。そんなスローペースな彼を放っておけずに、あれやこれやと世話を焼く太田。他にも、田中のけだるさ(≒大人っぽさ)に憧れて弟子入りしてくる女の子や敵視してくるヤンキー娘、秘密をかかえたクラス委員長に、かなりのブラコンな妹などなど、彼のそばには何故かにぎやかな面々が集まってくる。ゆるゆるまったりな田中の周りで巻き起こる、インセンシティブ青春コメディ。

PV第1弾

▲ページ上に戻る


DATA CARDDASS アイカツスターズ!

アイカツスターズ.jpg

http://www.aikatsu.com/stars/

テレビ東京:4月7日(木) 18時30分~
テレビ大阪:4月7日(木) 18時30分~
テレビ愛知:4月7日(木) 18時30分~
テレビ北海道:4月7日(木) 18時30分~
テレビせとうち:4月7日(木) 18時30分~
TVQ九州放送:4月7日(木) 18時30分~
テレビ和歌山:(月) 17時30分~
びわ湖放送:(木) 17時15分~
広島ホームテレビ:(日) 6時00分~
NST新潟総合テレビ:(土) 10時30分~
山形放送(日) 5時30分~
長崎放送(日) 5時45分~
福島テレビ(木) 15時25分~
BSジャパン(月) 17時00分~
AT-X(火) 21時30分~

みどころ・あらすじ

プリパラアイカツプリキュアの三柱のアイカツが今回アニメ化となります。男の子は妖怪ウォッチ、女の子はアイカツと爆発的な人気を集めている。最近、アニメとゲームを組み合わせて人気を囲い込む戦略が多いが、アイカツはその代表できる作品なのでほかの作品も続いて欲しい。ちなみにアニメと別のコンテンツで成功した事例は少なくはないが、今期はエンドライドがこの戦略で売り込もうとしている。かなり子供向けだが、人気のある作品。
トップアイドルをめざしアイドル活動"アイカツ!"にはげむ少女たちのサクセスストーリー!「アイカツスターズ!」
きらめく「アイカツ!カード」に「グリッター」!自分らしく輝くためにセルフプロデュースしていきます。
強く明るくまっすぐに!歌やダンスにファッションも!女の子の憧れを全部つめこんで、新しいアイカツが始まります。
アイドルの一番星に向かって、夢へのスタート!!

テラフォーマーズリベンジ

テラフォーマーズリベンジ.jpg

http://terraformars.tv/

TOKYO MX 4月1日(金)25:05~
テレビ愛知 4月2日(土)25:50~
ABC朝日放送 4月6日(水)26:44~
BS11 4月7日(木)25:00~
テレ朝チャンネル1 4月13日(水)24:30~

スタッフ

原作:貴家 悠/橘 賢一 監督:福田道生 キャラクターデザイン:碇谷 敦、相澤伽月 シリーズ構成:荒川稔久 音響監督:山口貴之 音楽:和田貴史 アニメーション制作:ライデンフィルム×TYOアニメーションズ

キャスト

膝丸燈:(細谷佳正) 小町小吉:(木内秀信) ミッシェル・K・デイヴス:(伊藤 静) マルコス:(石川界人) アレックス:(KENN) 鬼塚慶次:(小野大輔) 三条加奈子:(たかはし智秋) 柳瀬川八恵子:(豊崎愛生) シルヴェスター・アシモフ:(石塚運昇)イワン・ペレペルキナ:(赤羽根健治) リュウ・イーウ:(小村哲生) ジョセフ:(石田 彰) 蛭間一郎:(杉田智和)

みどころ・あらすじ

 正直、実写映画が楽しみ。累計発行部数1300万部と大人気作品で、アニメ1期が2014年に放送された。そして2016年4月には実写映画化が決定している。映画は、キャストが伊藤英明、小栗旬、武井咲、山下智久、山田隆之など超豪華キャストでPVからも面白そうでこっちを見たい。そして実写映画の監督三池崇史のコメントが『「スゲー漫画」から「スゲー映画」が生まれる事を証明しようと思う。映画をナメたら火傷するぞ!」』とめっちゃ面白い。監督は『「仕事は来たもん順で受ける」「映像化可能であれば、まず何でもやってみる」』など公言しているがいい作品を輩出し続ける超有名監督。
 っとアニメの話から脱線したが、1期同様面白いと言いたいがスタッフが総入れ替え、アニメ制作は共同制作になっている。特に語ることはないが、ゴキブリの「じょうじ」って言葉は第1クルーのジョージを呼ぶ掛け声を覚え、「じょうじ」という言葉をコミュニケーションとして学習したそうです。

西暦2620年。火星生まれの致死率100%の病原体、エイリアンエンジンウィルスのワクチン製造のため、異常な進化を遂げた人間大のゴキブリ、通称「テラフォーマー」のサンプルを確保するべく、膝丸燈らは火星へと降り立った。想定外のアクシデント、テラフォーマー達の猛攻を受けながらも何とか生き延びた燈達であったが、任務遂行の裏で人類同士の争いが勃発する...。火星を舞台にした極限のサバイバル、その第2ラウンドが今始まる!

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?

「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」.jpg

http://netogenoyome.com/index.html

TOKYO MX:04/07(木) 23:30~
BS11:04/07(木) 24:30~
サンテレビ:04/07(木) 26:00~

スタッフ

監督(柳伸亮) シリーズ構成(髙橋龍也) キャラクターデザイン(矢野茜) アニメーション制作(project No.9)

キャスト

西村英騎/ルシアン(豊永利行) 玉置亜子/アコ(日高里菜) 瀬川茜/シュヴァイン(水瀬いのり) 御聖院杏/アプリコット(M・A・O) 秋山奈々子(大和田仁美) 斉藤結衣(南條彩乃)

みどころ・あらすじ

 目新しい設定ではありません。と思ったらいつものラノベ設定の逆で、リアルからファンタジーになるのではなくファンタジーからリアルにおりてくるパターン。舞台はネットゲームオタクのリアルを描いた上での理想の現実です。こうなればいいなーと思う世界を書いてあるように思えます。逆に日常からファンタジーになるのではなくファンタジーから日常になるという設定は新しいかも。原作の絵とはまったく違ったキャラデザになっており矢野茜(ニセコイ、グリザイアの作画監督)とアニメ絵になって見る印象がいい方向に変わった気がする。コミックの1話はコミックウォーカーで見れますので気になる人はチェックしてはいかがでしょう。

ネトゲの女キャラに告白! →残念! ネカマでした☆ ......そんな黒歴史を秘めた少年・英騎が、今度はネトゲ内で女キャラに告白された。まさか黒歴史の再来!? と思いきや、相手であるアコ=玉置亜子は本物の美少女! でもリアルとネトゲの区別が付いていない、コミュ障ぼっちの女の子だった!? 英騎は彼女を"更正"させるため、ギルドの仲間たちと動き出すのだが......。

▲ページ上に戻る


マギ シンドバッドの冒険

マギ シンドバッドの冒険.jpeg

http://www.project-magi.com/sinbad/

MBS 4月15日(金)深夜2:40~
TBS 4月15日(金)深夜2:25~
CBC 4月15日(金)深夜放送
BS-TBS 4月16日(土)深夜0:30~

スタッフ

原作:大高忍・大寺義史(小学館「裏サンデー」連載)、監督:宮尾佳和、脚本:岸本卓、キャラクターデザイン:佐古宗一郎、音楽:大久保友裕

キャスト

シンドバッド(小野大輔) ドラグル(杉田智和) ユナン(石田彰) セレンディーネ(茅野愛衣) バドル(小西克幸) エスラ(日笠陽子) バルバロッサ(子安武人) バアル(東地宏樹) ジャーファル(櫻井孝宏) ヒナホホ(藤原啓治) ピピリカ(藤村歩)

みどころ・あらすじ

 マギの外伝になり、今作は人気キャラのシンドバッドのストーリーとなります。しかも子供時代。これは面白い。
最近流行っている0話ストーリー(メインストーリの前章)になります。喰霊ゼロから0話好きとなった私はもちろん今作のマギ シンドバッドの冒険原作を読みましたが面白い。後付けだとわかっていても0話は面白い。今回の外伝はシンドバッドの幼少期からがメインでアニメーションスタッフなどはコミックス同梱OADと一緒になります。
また声優の豪華さも期待できる。小野大輔に杉田、石田彰、茅野、日笠、子安、櫻井と有名声優ばかり登場するのも今作のみどころです。

▲ページ上に戻る


マクロスΔ(デルタ)

マクロスデルタ.jpg

http://macross.jp/

TOKYO MX 4月3日(日)22:30~
TVQ九州放送 4月4日(月)26:30~
BS11 4月5日(火)24:00~
毎日放送 4月5日(火)27:00~
テレビ愛知 4月6日(水)26:05~
テレビ北海道 4月6日(水)26:05~
dアニメストア 4月6日(水)12:00~

スタッフ

原作(河森正治・スタジオぬえ) 総監督(河森正治) 監督(安田賢司) シリーズ構成(根元歳三) アニメーション制作(サテライト)

キャスト

フレイア・ヴィオン(鈴木みのり)

みどころ・あらすじ

 1話はさすが、マクロス。バルキリーが踊るなどマクロスは予想の斜め上アニメを挑戦し続けても最後は面白かったと言える作品。2話以降も視聴予定。春4月スタートアニメなのに冬1月スタートアニメより先行放送が早く話題の作品。Youtube dアニメなどでみれます。今作を見た人からはマクロスプリキュアとも言われる。
 1982年より始まったマクロスシリーズで毎作品人気となり特にマクロスFは大人気作品となった。そして今作マクロスΔだが、1話先行を見ている人が多く期待している人やしていない人と分かれていると思うので特に感想は省く。マクロスΔは歌=戦いと攻守に渡って歌が重要な部分をになっている面が大きくマクロスFなどとは違う。
 Δ(デルタ)は、「歌」「戦闘」「三角関係」というマクロスシリーズの3つの要素を含んでいるそうで春アニメでは毎話話題になる作品でしょう。ちなみに作中ではマクロスFの8年後となる。

西暦2067年、人間が我を失い凶暴化する奇病「ヴァールシンドローム」が猛威を振るう銀河辺境の地。対抗手段として結成された戦術音楽ユニット「ワルキューレ」は、「ヴァールシンドローム」の症状を歌で鎮めるため、星々を駆けめぐり、ライブ活動を展開していた。一方、時を同じくして、「空中騎士団」と呼ばれる「風の王国」のバルキリー部隊が動き始め──。プロトカルチャーの遺産の謎が絡み合い、星系を超える熱きチームワークと恋の物語が幕をあげる。

スペシャルPV

▲ページ上に戻る


迷家‐マヨイガ‐

迷家マヨイガ.jpg

http://mayoiga.tv/

WOWOW 4月1日(金)22:30~
MBS 4月8日(金)26:10~
TBS 4月8日(金)深夜~
CBC 4月8日(金)深夜~
BS-TBS 4月9日(土)24:00~

スタッフ

原作(diomedea・Ponycanyon) 監督(水島努) シリーズ構成(岡田麿里) キャラクターデザイン(井出直美) 音楽(横山克) アニメーション制作(ディオメディア)

みどころ・あらすじ

 1話はエピローグ。全然面白くなかったが、序章の前の助走なので2話以降に期待。今作の売りにしているところが監督・シリーズ構成・キャラデザが作るオリジナルアニメということで、これだけで十分見たくなる作品。そして内容は、閉鎖した村での人間模様とあり、私自身は大好きな閉鎖空間という題。
映画だとSAW、キューブ、キサラギ(小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之がキャストの邦画)が閉鎖空間で繰り広げられるストーリー。若干、化物語もそういった描写があるが今作のオリジナルアニメ「迷家‐マヨイガ‐」は、純粋に30人の人間模様から村のヒミツを解いていくストーリー重視のアニメになりそうなのでかなり期待。スタッフからは必ず見るべきアニメになります。
監督:水島努(『ガールズアンドパンツァー』『SHIROBAKO』『監獄学園プリズンスクール』)シリーズ構成:岡田麿里(『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』) キャラクターデザイン:井出直美(『艦隊これくしょん-艦これ-』)

そして、僕らは消えた。興味本位で参加した胡散臭いバスツアーで合流した若き30人の男女。ツアーの目的地は納鳴村(ななきむら)と呼ばれる存在が定かではない幻の村『納鳴村』では現世でのシガラミに縛られないユートピアの様な暮らしができる......と都市伝説のように囁かれていた。現実の世界に絶望している...退屈な日常を抜け出したい...人生をやり直したい...それぞれの思惑や心の傷を抱えた30人を乗せ、バスは山奥深くへと導かれてゆく...。そして30人が行き着いたのは、朽ちつつも微かに生活の匂いが残る無人の集落だった...。30人につきつけられる『納鳴村』の真実とは? 1話たりとも見逃せない! 謎が謎を呼ぶスリリングな展開 閉鎖された村での人間模様と主人公の心の葛藤を描く、前代未聞の群像アニメが幕を開ける!

PV第1弾

▲ページ上に戻る


Re:ゼロから始める異世界生活

Re:ゼロから始める異世界生活.jpg

http://re-zero-anime.jp/

テレビ東京 4月3日(日)深夜1:05~(4月3日初回スペシャルのみ深夜1:35~)
テレビ大阪 4月5日(火)深夜1:35~
テレビ愛知 4月7日(木)深夜2:05~
AT-X 4月8日(金)夜10:00~(4月8日初回スペシャルのみ夜9:30~)

スタッフ

監督(渡邊政治) シリーズ構成(横谷昌宏) キャラクターデザイン・総作画監督(坂井久太) アニーション制作(WHITE FOX)

キャスト

ナツキ・スバル(小林裕介) エミリア(高橋李依) パック(内山夕実) フェルト(赤﨑千夏) レム(水瀬いのり) ラム(村川梨衣) ベアトリス(新井里美) ラインハルト(中村悠一)

みどころ・あらすじ

 今期1話だけなら上位。初回1時間と敷居は高いものの敷居を跨げば原作組としても、これ以上ないくらいの出来で2話以降必ず視聴してしまう。時間ループものです。時間ループものは「シュタゲ」「時をかける少女」「ひぐらし」など人気作ばかりの王道もので私も好きなテーマです。今作の「Re:ゼロから始める異世界生活」略称はリゼロという小説投稿サイト「小説家になろう」から連載しており、現在第六章まで無料で読むことができます。結構な量ありますが。そしてMF文庫Jでも発行されており今回アニメ化が決定しました。リゼロは時系列wikiを作られるほど話が深く練り込まれていて面白い作品です。時間ループということ以上に言ってしまうとネタバレになるので避けます。
 アニメーション制作はWHITE FOXと「ご注文はうさぎですか?」や「シュタインズ・ゲート」など人気作品を手がけた会社です。シリーズ構成は「Free!」を担当した横谷昌宏、キャラクターデザインが「selector infected WIXOSS」、「桜Trick」などを担当した坂井久太が担当とアニメーション制作スタッフは期待できます。原作も面白い、制作スタッフも良いと面白い要素が揃っているので期待しているアニメ。ちなみに2クール決定している本作品。

異世界に迷い込んだ普通の高校生――菜月昴が出会った銀髪の美しい少女。彼女の力になりたくて、側にいることを望んだスバル。だが、彼女の背負う宿命はスバルの想像を超えるものだった。次々と襲い来る敵。裏切り。理不尽な暴力――そして「死」。彼女が傷つくのは見たくない。その為ならどんな相手でも、どんな運命であろうとも、全部ねじ伏せる!「死に戻り」――無力な少年が手にしたのは、死して時間を巻き戻す唯一の能力。それは誰もが笑顔でいられる世界へと導く可能性――スバルの命と孤独を糧に。力を使えば過去は失われ、思い出すらも書き換えられる。忘れられた思い出を一人秘め、ボロボロに傷つき、心をすり減らし、命を賭して――それでもスバルは抗い続ける。大切な人たちを守るために。確かにあったはずのかけがえのない時間を、取り戻すために。
『Re:ゼロから始める異世界生活』 ――たとえ君が忘れていても、俺は君を忘れない。

PV:特報PV

▲ページ上に戻る


ワガママハイスペック

ワガママハイスペック.jpg

http://whanime.com/

TOKYO MX:4月11日(月)25時10分~
サンテレビ:4月11日(月)25時35分~

みどころ・あらすじ

まさかのショートアニメ!5分で終わるから期待していることがアニメに出るのか疑問。今作は、いわゆる美少女ゲームが原作となっており、キャラデザも美少女ゲームっぽくサブキャラもテンプレ通りなのでテンプレートどおりのゲーム⇒アニメになりそうです。シナリオも特に突出したものはないのでまだ発表されていないアニメーション制作やスタッフ陣に期待しておくとする。ちなみに体験版が配布されているので気になる方は体験してはいかがでしょうか。

学生でありながら、とある週刊誌で連載を持つマンガ原作者の主人公「鳴海幸樹」。
ラブコメを書いている手前、周囲にはマンガのことを打ち明けておらず、
知っているのは妹の「兎亜」とその友人の「未尋」だけ。
ある日、ひょんなことから生徒会長の「鹿苑寺かおるこ」が自分の漫画の作画担当であることが発覚。
ちょうど男子役員を探していた会長から生徒会加入を打診され、
隠し事がある手前断りきれず、マンガの事を内緒にするという約束で役員になるのであった。
しかし、主人公の事情を知らない副会長「アーシェ」は役員入りに猛反対。
さらにそんな中、学生からの依頼やトラブルが舞い込み......

▲ページ上に戻る


春アニメのみどころまとめ

今期は豊富の一言。話題作のジョジョ第四部や人気誌まんがタイムからはあんハピ♪、人気アニメーション制作の動画工房からは三者三葉、スタッフが豪華な迷家など一覧表を見たらわかりますが中々豊作の2016春アニメとなります。そして、今期の特徴はオリジナルアニメが7作品とかなり多い春アニメです。「はいふり」「マクロスΔ」「迷家-マヨイガ-」「甲鉄城のカバネリ」「エンドライド」「キズナイパー」「クロムクロ」と7作品もあり、ほとんどがヒット作を出したことがあるスタッフがオリジナルアニメに挑戦するというものです。

その中で一番の挑戦はノイタミナ枠の「甲鉄城のカバネリ」じゃないかと思うぐらいの美術・作画がすごすぎる。劇場版アニメを分割して24分ごとに分けて放送しているようなもの。そして一世代前のアニメのようなキャラデザ、設定が作りこまれすぎている感じがある。スタッフも監督は進撃の巨人を担当した人たちとあって内容は似ているが関係なく面白い。脚本はコードギアス。

ガルパンが好きな人は「はいふり」がいいと思う。ガルパンのような可愛いキャラが23人×艦アニメで、のんのんびより原作者とキャラクターデザイン・作画監督は、ソードアート・オンライン・とある科学の超電磁砲・僕は友達が少ないを手がけたスタッフで制作会社も有名。ガルパンに続くかと期待。

あとは水島努と岡田麿里アニメの「迷家‐マヨヒガ‐」がプロジェクト企画とアニメ外に新しいことに挑戦しているのも面白い。詳しくは期待度ランキング記事にて後述。そしてキルラキルを制作したTRIGGERと岡田麿里の「キズナイパー」、8年ぶりの新作「マクロスΔ(デルタ)」、いきなり2クールで大丈夫か作品の「エンドライド」と今期のオリジナルアニメはかなり楽しみ。そしてP.A.WORKS15周年記念作品の「クロムクロ」はまさか主人公が青年で本格的ロボアニメだと思わなかった。15周年にして新しいP.A.WORKSがどんな作品を作るのか楽しみです。

人気アニメの続編には「ジョジョの奇妙な冒険 第四部「ダイヤモンドは砕けない」、美少女戦士セーラームーンCrystal」とジョジョは1話完結だから今まで見たことない人にもおすすめ。「機動戦士ガンダムUC RE:0096」は、ガンダムシリーズの最高記録を更新したOVA作品を24話構成に再編成し直したとあって注目の作品。

可愛い系を見たいという人は、先ほど紹介した「はいふり」に加え、特徴的な3人組の日常が面白い「三者三葉」が未確認で進行形という大人気作品の同じ原作者・同じアニメーション制作である動画工房が担当と超期待できるアニメだと思います。また、可愛いけど日常話が非日常のおかしなストーリーで人気の「あんハピ♪」と日常×癒しアニメが多いのも特徴です。

人気マンガからは、先程紹介した「三者三葉」「あんハピ♪」に続き「坂本ですが?」を5分でいいから見て欲しい。常に全速力の坂本を見れば面白さがわかるだろう。そして「銀魂」「男子高校生の日常」の監督が人気漫画を担当と面白くないわけがない。青森アニメで魔女の宅急便?かと思う「ふらいんぐうぃっち」も地域に根付いている日常人気作品。春アニメではぶっちぎりで発行部数が多い人気ジャンプ作品「僕のヒーローアカデミア」は初っ端からアクセル全開すぎて1話を見ればファンになる。

日常系が好きな人は、先程紹介した「ふらいんぐうぃっち」「三者三葉」と「田中くんはいつもけだるげ」は、だるさMAXの田中くんと田中くんを支える個性の強い周りの連中との掛け合いが面白い作品。原作が面白く、アニメ制作もSILVER LINKと期待の作品。


1話見た感想

5月11日(水)の時点で春アニメは6話ほど放送されていますが、1話で視聴を続けるアニメをあげるとしたら、今期1番というより、ここ最近で1番オススメのオリジナルアニメ「甲鉄城のカバネリ」。甲鉄城のカバネリは、進撃の巨人に似ているのは制作会社繋がりもあるためだが、そんなことはどうでもいいぐらい関係なく超越している劇場版を24分間に切り取って放送しているんじゃないかと思わせる和洋折衷アニメ。海外で人気でるなと思っていたら海外評価は、やはりダントツで今期1番。

ループ作品史上最高に衝撃を受けた初回1時間の「Re:ゼロから始める異世界生活」。2話以降も謎が増えていくまま物語が展開していく注目アニメです。また前評判通り、人気シリーズもの「機動戦士ガンダムUC RE:0096<span style="line-height:%2

スポンサードリンク
スポンサードリンク